CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

PROFILE


別冊「ヨコ旅」

旅のイメージを綴っている本編「ヨコ旅」とは違う切り口で「旅」そのものをつれづれなるままに。
本編「ヨコ旅」も合わせてよろしく。
<< SWEET JOURNEY | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |コメント - | - |
強制土産店案内
 

 一度は書いておかなくてはいけないと思う。ツアーで案内される土産店の事である。安いツアーの多くは現地の強制的土産店案内がいくつか観光に組み込まれていて、その土産店が市内観光や空港送迎をスポンサードしたりリベートを渡しているというからくりは周知の事。このことはツアー客もよく承知していて、「仕方ないな」と嫌々ながら付き合っている。こうした土産店は海外旅行者専用の異次元世界である。旅行社は「土産物屋案内を希望するお客さんも多いので……」と説明したりするが、安いツアーで出かける人は、昨今はほとんど年に何度も海外旅行しているいうようなベテラン勢なので、「お土産」など興味は無いのである。仮に欲しくても強制土産店ではない所の方が安くて選択肢も多い事もよく知っている。なのに、旧態然とこうした風習が続いているのは、こうした店にお付き合いをするやさしい旅行者がまだ少なからずいるからだろう。それでも最近は「土産店案内をしない」ことを謳った旅行社が現れてきている。実際「強制土産店案内」は楽しい旅行を台無しにするほど旅行者には苦痛な時間である。これは旅行ではなく苦行であって、旅費が安い理由にすべきではない。もちろんツアーでは各国の行き先でこうした行事が行われるが、特に中国は目を疑うほどその商法がひどいものがある。
 中国ツアーの典型的なものとしては、お茶屋(茶館)、漢方薬店、工芸品、シルク、布団、書画などがあるが、店側は絶対に売るぞという使命のもと、観光客の物理的囲い込みを行うので、たいがいは出口が明確になっていなくて、扉を閉ざして逃げ場を作らないような構造になっている。勧誘もしつこい。また、昨今は困った事に「ここが土産店です」といった体裁を巧妙(実際は稚拙なのだが)に隠そうとしている商法をとる場合が多くなっている事だ(巧妙な割には稚拙ではあるのだが)。
 
中国の例で言うと
 
●現地ガイドが「博物館にご案内します」とか「美術工芸品をお見せします」とか言って着いてゆくと、なぜか最後は「お茶でも飲んで休憩しましょう」と一室に案内され、見回すと工芸品が棚に並んでいる。悪名高き棚ごとパッケージで売るパターンである。なぜか店員が大勢立っていて、「当博物館は今、外国の皆様に中国文化を知っていただくため、こうした優れた工芸品を安い料金で提供しています」とかいいながら値段を説明し始めると言った類いである。「そういえばこの博物館、現地の人はほとんど来ていないようだなぁ」と後から気づくのである。
 
●「この研究所は中国の宝石の鑑定をする公の機関で、こうした部屋で検査を行っています。中国の土産店で皆様がご覧になる宝石はほとんどがニセモノです。こうしてみればわかります」とか説明を受けながら薄暗く殺風景なビルの部屋を点々とした後、その一角だけ妙に照明のきらびやかな宝石売り場に案内される。
 
●似非博物館や似非美術館なら、まだわかりやすいが、公立の博物館や歴史ある神社仏閣のような古刹でも同じような事が行われる。ばかに親切な専門ガイドが寺を説明し始めたかと思うと、最後には何々先生の書かれた由緒正しき書画を皆様にお分けしますといったような部屋に案内される。壁につり下げられた書画を見ると「愛」とか「和」とか「一期一会」などという文字があるのだが、こうした文字は典型的な日本人好みの文字であり、日本人観光客に売らんかなという意思がはっきりとわかる(中国人はこういう文字を書画に求めない)。こういう類いは「言った先の専門ガイドが登場し、ばかに丁寧な説明をし出す」ことでだいたいは見当がつく。中国はどこへいっても商売につながっている。強欲むき出しの国である。客を無くす前に、当局による自制を求めたい。
 
●「茶芸館」とやらで中国茶の実演説明を受けるのも、もういい加減に飽きたが、当然の事ながら必至にお茶を売り込まれる。しかし、こうした店でやけに割高で購入したお茶が、実際に家で飲んでみると、実演で飲んだお茶よりもおいしくなかった、なんて話はよく聞く。
 
●漢方薬屋も定番だが、やれ日本の誰々さんという有名人も愛用しているとか、こんな奇跡のクリームもあるとか、説明も実にかまびすかしい。中には白衣を着た医師のような人物が客の脈を診て無料健康診断をしてくれるといった店もある。診断結果に基づき客は漢方薬を買わざるを得ないような囲い込みである。足ツボマッサージ屋の横が漢方薬店になっているようなケースもある。またはその逆もあるだろう。一粒で二度おいしい商売にしている。
 
●市内観光には食事付きになっていたりするが、その食事が土産店の2階だったもする(これは日本の国内ツアーの定番でもある)。そうでなくても、安いツアーの割には結構高級なレストランの夕食が付いているなぁと思いながらテーブルに座り、食事をしていると、「皆様がお召し上がりになったお酒一瓶いくらです。」とか「他に冬虫夏草のお酒もあります」とか「本日お出ししたお菓子は1箱○○元ですが5箱買うと安くなります」とかやたら勧誘する売り子がテーブルにやって来て、ゆっくり食事ができなかったりする。これも食事を安く提供する代わりに土産勧誘をすることが条件になっているからのようだ。
 
法的な束縛はできないにしても、これはやはり「騙し」の一種なのである。つづく。

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 素人目にも、こういう商売のやり方は基本的に日本人には向かない。しつこく説得するのではなく、仮に誘導したとしても、べったりせずに客を放っておいた方がむしろたくさん売れるだろう。このやり方でもどうにかたまに売れるのは、日本人がやさしいからである。しかし「押されてすまなく思うやさしさ」につけ込んだ商売には限界がある。もう、日本の旅行者のほとんどがこういうことに気づいていて、誰も何も買わなくなった。僕なんかは、仮に欲しい物があっても絶対に買わないと決めている。こういう時間は店を抜け出して周辺を散歩している。このやり方に未来は無いだろう。商売のコツは押しの一手ではなく引き方にもあるのだ。愛想がよすぎる店は敬遠される。中国のご商売熱心な人達、このことを未だおわかりになっていないようである。続けていると中国のすべてが信用を失う可能性があるので注意されたし。

 安いツアー代金を捻出するのにヤッキになっている旅行社にも申し上げたい。いくら安くあげたいといっても、客に苦痛を与えるような仕組みは、旅行を扱う者としての本質的な信用に関わる。もう、ダメなのだ、こういう土産物屋案内ものは。放っておいてもいつか無くなる運命にあるだろうが…。

 

「現地ガイドが勧める店は信用できない」「旅行社が案内する店は信用できない」

 

この反面的な見方は、旅行者の間では半ば常識となっている事実なのだ。真面目なガイドや旅行社が偏見を持って見られてしまうのは、不幸な話である。

| 旅のノウハウ? | 17:05 |コメント comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:05 |コメント - | - |









http://yokotabi2.jugem.jp/trackback/18